English / 日本語
TOP人事・採用 > 先輩コメント
先輩コメント
  先輩社員のコメント   先輩社員の出身学校
先輩社員のコメント
 
  私は、装置技術部設計グループで、3次元CAD(Solid Works)を用いて車体組立用溶接治具・設備を設計しています。
当社では、設計・製作まで一貫したモノづくりを行っており、自分が設計したものが実際に形となる所を身近で見ることができます。また、設計製作した製品を客先でのトライアルに立ち会ったりして、生産しているところを見ると学ぶことが多く、やりがいのある仕事だと感じています。
資格取得含め、今後ともスキルアップして、良い設計ができるよう頑張りたいと思います。
(機械プラント製図 2級取得 2019.3)

装置技術部 設計グループ 采見さん(2017年4月入社)
  私は、総務部で電話や来客応対、売上や経費の入出金の管理、帳票類のチェックなど様々な業務を行っています。
分からないことがあれば上司や先輩が丁寧に教えてくださるので、相談しやすく、安心して仕事に取り組むことができます。
また、私は大学で主に英語を学びましたが、現在、会社ホームページの英訳や、海外の取引先へのメール作成など英語に触れる機会もあるため、非常にやりがいを感じています。
まだまだ未熟な部分もありますが、周囲の方々のご指導の元、少しずつ成長していることを実感し、嬉しく思います。
日々の業務の中で学ぶことを次に生かし、これからさらにスキルアップできるよう努めたいと思います。
(日商簿記 3級取得 2017.11)

総務部 豊田さん(2017年4月入社)
  私は、装置技術部 製造グループで車体組立用の治具の組立、検査、据付を行っています。
入社して2か月間は配属先の組立職場にて治具が出来上がるまでの流れを学び、その後1か月間機械職場にてフライスなどの加工機械の操作や機械加工の基本を学びました。
組立職場では、大小さまざまな治具の組立、検査、動作させるためのエアー配管、電気配線をし、その後自動車メーカーの工場に据付し、自動車の生産が出来るようになるまでの作業を一貫して行っています。自動車の生産に直接かかわる事が出来るので車好きの私にとっては非常にやりがいのある仕事です。
現在は検査の資格を取得する為、ベテランの先輩に教わりながら、レイアウトマシンを用いた検査の勉強をし、質の高い治具が作れるよう頑張っています。

装置技術部 製造グループ 川本さん(2016年4月入社)
  私は、型成形技術部 製造グループに配属されて2年目になります。
型成形技術部では、自動車や産業機械向け製品づくりに必要な、各種金型・治具・鋳物製品を製作しています。鋳造製造グループでは鋳型を作り、高温で溶かした金属を流し込むことで製品(鋳物)を作っています。
入社して4ヶ月間は、設計・モデル・機械職場を研修し、前工程、後工程を体験しました。ものづくりの流れや仕組みを理解したことで、鋳造製造グループに配属されてからも、この体験が私の中で活かされています。
今西製作所の特徴は、設計から現地搬入まで一貫したものづくりを行っていることです。
現在は、鋳物製品を造るための造型・注湯(鋳込み)・仕上げの作業を行っており、製品になるまでの工程に携われ、達成感とやりがいを感じています。
今後は、自身のスキルアップに向けて、国家技能検定の受検や、先輩・上司の方から指導を頂きながら、当社のものづくりに貢献出来る様、頑張りたいと思います。

型成形技術部 製造グループ 宮本さん(2016年4月入社)
   >> これまでの先輩コメント
先輩社員の出身学校(順不同)
  ■出身高校
  県立広島工業高校、市立広島工業高校、県立宮島工業高校 、県立呉工業高校、他

■出身大学
  広島大学、広島工業大学、広島国際学院大学、近畿大学、広島経済大学、広島国際大学、広島修道大学、安田女子大学、他
このページの先頭へ